商標を登録するとどうなるのか?


商標を登録するとどうなるのか?
まずは、この商標について簡単ですが説明します。
何も難しいことはなく、「自他との商品の差別化をはかを示すもの」であり「出所を示すもの」で、「品質保証を約束する」ものでもあるのです。
最も簡単で分かり易い例えで説明すると、コカコーラ社の「コーラ」の商標登録番号が第1499892号となり、指定商品「コーラ飲料」などとなっています。
つまり、コーラの商標はコカコーラ社のコーラのみに許されたものなのです。
コーラに類似したペプシなどもまた別の商標番号があるため、完全に別商品だと言えます。
つまり、商標登録のメリットで、他社とは違う自社でのサービス提供を常に宣伝することが可能なのです。
またこの商標登録は何も企業だけのものではありません。
大企業、中小企業はもちろんのこと、個人の方がご自分で商標を新たに出願することも近年では珍しいことではありません。
年間にしておおよそ約10万件ほどの出願があるほど、商標登録はそれだけの価値があるのです。
出願後、認められたら商標権が発生します。
この商標権は、商標を登録いたことで得る利益などを、登録いた者だけに与えられる絶対的な使用権となります。
そしてそれと同時に発生するのが、その商標がある商品などを使用して他社がサービスを提供している場合、商標権を持つ者はいかなる理由があろうとも、使用の差し止めができるのです。
もちろん、差し止めを無視しようものならば法的手段に出ることも出来ます。
しかし、逆にきちんと商標登録をしておくことで、上記のようなトラブルに自身が見舞われることを回避できるのです。
商標登録の出願をすれば、その商品が既に登録されているものだと知る事も可能です。
登録済みと知らずサービス提供をすることで、本家から差し止めや、損害賠償請求をされてしまった……、などの危険に見舞われることもありません。
だからこそ、商標登録は重要なポイントでもあるのです。
文字の商標、記号の商標、図形の商標、立体的形状の商標など、商標にも様々な種類があります。
一般的に知られている言葉の商標から、意外な商標などをご紹介したいと思います!
私達が当たり前のように使っているサービスや商品だけでなく、言葉なども商標登録されていることを知っていましたか?キャプチャ6
きちんと調べるともっと意外な物が商標登録されているかもしれませんね。
さて、まずは一般的な商標からご紹介します!
まずは「宅急便」これはヤマト運輸株式会社の商標登録です。
あのジブリ映画の「魔女の宅急便」も、事前にヤマト運輸の許可を得ていることを知っていましたか?
そして今や持っている人が居ないであろう「デジカメ」は、三洋電機が持つ商標登録です。
更に、戦隊ものやアニメで良く使われる「変身」は、バンダイナムコの商標登録になり、「ラジコン」は増田屋コーポレーションが、「プラモデル」は日本プラモデル工業協同組合の商標登録となっています。
他にも沢山ありますが、かつて商標登録だった物の中には、「エレベーター」「ホッチキス」「ボランティア」などもあるんです!
良く耳にする言葉が、過去商標登録されていたと知っている方はどれくらい居るでしょうか?
立体的形状で有名なものと言えば「ペコちゃん・ポコちゃん」で不二屋の商標登録となり、「カーネル・サンダー」の立像はケンタッキーの商標登録となります。
更に、近年あらたに登録された立体的形状商標は「ジャポニカ学習帳」です。
誰もが一度は使ったことがある、あのノートも商標登録されたのです。
他にも、「女子高生」は伊藤ハム、「大好き」は株式会社主婦の友社、「幽霊」は小僧寿司、「コロコロコミック」は江崎グリコ株式会社、「体育会系」は資生堂・ドコモ、「ニート」は花王・ミサワホーム・森永製菓・オカモト・エンチーム。
それぞれの商標登録となっているのです。
全く共通点が見当たらない言葉を、企業が登録していることを知って居る人はきっと少ないと思います。
探せばきっと、まだまだ面白い商標登録が見つかりそうですよね。

Wgat's New

http://www.jazy-ip.com/

アーカイブ

ページ上に戻る